脳梗塞により障害厚生年金3級をもらったケース

相談時の状況(50代・女性)

休日に自宅で休んでいると、急に身体に力が入らなくなり異変を感じました。

隣家にいるご両親を呼びに行くことが出来ず、携帯電話で救急車を呼びました。ドクターヘリにて治療の出来る病院に搬送され脳梗塞と診断されました。

即日入院となり治療を受け、その後リハビリ治療も受けましたが右手足に麻痺が残ってしまいました。その後、復職して働き出しましたが、記憶力の低下などの症状がありました。

障害者雇用で収入が減ってしまうため、障害年金の申請をしたいと思い相談にみえました。

社労士による見解

右半身の不自由さに加えて、短期記憶が出来ないことなどから障害年金の受給ができると思いました。

障害者雇用で収入が減ってしまう分を障害年金で補てんして頂きたいと思いました。

受任してから申請までに行ったこと

記憶力の低下など高次脳機能障害の症状があることは分かっていましたが、受診がなかったため病院での受診と検査を勧めました。

関連病院にて検査をするように手配してもらい、肢体の診断書に加えて精神の診断書作成も依頼しました。

結果

障害厚生年金の3級に認められ、無事に受給することができました。

コメント

今回の申請者は、脳梗塞が原因で右上下肢の麻痺による運動障害が残っていました。

軽作業を短時間で働く予定でしたが収入の面で不安があり、生活費の補てんには障害年金が必要な方でした。障害年金が受給できたことにより安定した生活を送っていただけるようになり良かったです。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付