関節リウマチで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

Sさんが20代の頃、とつぜん手が上がらなくなりました。その後も肩が痛い、熱が出るなど、症状は少しずつ進み、病院で検査したところリウマチと診断されました。全身に痛みが出るようになり、仕事も出来なくなってしまいました。障害年金の申請をしようと考えましたが、初診の病院にカルテが残ってないため、どうしていいのか分からなくなり当事務所に相談にみえました。

社労士による見解

Sさんから詳細な聞き取りを行い、①リウマチの症状が進行して日常生活に支障が出ている事②初診日に厚生年金に加入していたことが分かりました。初診証明が取れれば受給可能性はあると思い、通院歴のある病院を調べたところ、初診の病院からの紹介状が出てきたので、受給につなげることが出来ました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付