多発性硬化症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

Kさんは目が震える症状に悩まされるようになりました。眼科では原因が分からず、総合病院でようやく多発性硬化症と診断されました。症状は悪化し、眼以外にもしびれや感覚麻痺などの症状が出始めたため、当事務所に相談にみえました。。

社労士による見解

Kさんから詳しい病状をお伺いしました。①足にしびれや感覚低下、歩行障害が出ている②家族の介助を受けて日常生活を送れているという状態でした。当事務所で申請をして、認定日に遡って障害厚生年金を受給することが出来ました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付