若年性アルツハイマー病で障害基礎年金1級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

物忘れがひどく、会話が噛み合わないなどの症状で病院を受診したところ若年性アルツハイマー型認知症と診断されました。進行していく妻の症状を心配したご主人が相談にみえました。

社労士による見解

相談に見えた時点で症状はかなり進んでいました。①常に家族が見守り、目が離せない状況であり②日常生活に大きな支障があるように見えました。ご家族の負担が大きく大変ご苦労されていらっしゃると感じました。障害年金が必要と判断し申請しました。

結果

障害基礎年金1級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付