狭心症により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

突然、息苦しく呼吸ができなくなり病院を受診す
ると心不全と診断されました。入院して治療を受けましたが、その後も狭心症の発作が1週間に1回はあり、発作後は2~3日は動けない状態でした。微熱や倦怠感、胸の痛み、動悸、息切れ、息苦しさ、咳、微熱などの症状もあり相談にみえました。

社労士による見解

面談時の聞き取りでは①生活のため無理をして働いているが日常生活ができていない②微熱や倦怠感、胸の痛み、動悸、息切れ、息苦しさ、咳、微熱などの自覚症状があることから障害年金の受給の可能性があると判断し、申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付