うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

プログラマの仕事をしていました。激務のために体調を崩し、不眠や震えなどの症状を感じるようになりました。精神科を受診するとうつ病と診断され、通院しながら仕事を続けていましたが、ある日体が動かなくなり医師と相談して休職に入りました。傷病手当金で生活していましたが、1年6か月の期限も近づいてくる中で、復職の自信もなく今後の生活に不安を抱えて相談にみえました。

社労士による見解

傷病手当金の受給可能期間は2か月ほどしか残っていませんでした。迅速に年金を申請することで、生活の不安を減らせればと思いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ年間約58万円受給することができました。

傷病手当金と障害年金は同時期には受給できませんが、傷病手当金の期間内に申請をしておくことで無収入の期間を減らすことが出来るというメリットがあります。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付