うつ病性障害により障害厚生年金2級をもらったケース

相談時の状況(40代・女性) 

不眠が続き、落ち込みがあり、人と話もできず、外に出掛けることができなくなってしまいました。イライラしたり、無気力になったりしたため病院を受診しましたが、症状は良くなりませんでした。医師からはうちの病院では手に負えないと言われたため、転院し入院して治療を受けました。希死念慮があり、体調が悪くて仕事にいけないため勤めていた職場からも退職勧奨をうけやむなく退職した。少し症状が安定しましたが再入院となりました。退院後に再び就職しましたが仕事が休み勝ちになるため退職となってしまいました。療養後に再就職をしている中、相談にみえました。

社労士による見解

日常生活能力の聞き取りからは障害年金が請求できる状態だと思いましたが、お給料も高いため障害年金が受給できる可能性は低いと思いました。

受任してから申請までに行ったこと

うつ病の症状があり、人と接することができないため日勤することができず、しかたなく夜勤のお仕事をされていました。そのため割り増し賃金がついてしまいお給料が高くなっていました。お給料が高い理由を申し立て書くとともに、医師にも協力していただき診断書を作成していただきました。

結果

無事に障害厚生年金の2級に認められました。 

「精神疾患で障害年金を請求する場合、お給料が高いともらえない」と言われています。今回の請求は不支給になる可能性があると思いました。しかし、ご本人様はうつ病により人と接することができずやむを得ず人と関わる必要のない夜勤の仕事をされていましたのでなんとか障害年金を受給していただきたいと思いました。生活のため無理をして夜勤の仕事をされている様子はとても辛そうでした。今回成功した一番の理由は、事情を理解してくれている医師がとても協力的だったことです。障害年金に理解のある医師に心から感謝します。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付