うつ病により障害厚生年金2級をもらったケース

相談時の状況(40代・女性) 

オペレータの仕事をされていた方で業務上のストレスと人間関係のストレスが積み重なり、頭痛や不眠、倦怠感が出るようになりました。

不安で涙が止まらなくなることもありました。

病院でうつ病と診断され、薬を処方されましたが、症状は改善しませんでした。会社をやめても症状は悪くなる一方で、死んでしまいたいと思うことも多く、生活やお金への不安も強くなったため、相談にみえました。

社労士による見解 

症状はかなり重く、相談者は家から出ることも難しい状態でした。年金の受給が必要だと感じました。

受任してから申請までに行ったこと

相談者は通院から1年しか経過しておらず、障害の認定日を半年待つ必要がありました。手続きを迅速に進められるよう、並行して作成可能な書類はすべて揃えておきました。

結果

障害基礎年金の2級に認められました。

コメント

相談者は不安や、不眠、希死念慮があり、外出は難しい状況だった為、電話による聞き取りを行い日常生活の状況を細かく聞き取り、医師への手紙を作成した。相談にみえたのが早かったため、認定日で請求書を提出できるように準備をし、診断書が届いた日に提出することができた。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付