双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

幼少時に親からの虐待を受けた時期もあり、10代のころから摂食障害などでも苦しんでいました。  うつの症状と躁の症状が短期間に繰り返される双極性障害の症状が重くなり、パートナーの方が当事務所に相談にいらっしゃいました。

 

社労士による見解

面談時の聞き取りから、20歳前に初診日がある、双極性障害の程度が重く日常生活に大きな支障が出ていることが分かりました。ご主人からの聞き取りで障害年金を受給できる可能性があると判断して申請を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円受給することができました。

障害年金は請求しないともらえません。障害年金制度を知っていないと請求することもできません。相談にみえる方には、「障害年金をもっと早く知っていればもっと早くからもらえたのに。」「病院に通っていても誰も教えてくれなかった。」という方が非常に多くいらっしゃいます。病気やケガで仕事ができない、家事ができないなど生活に支障が出てしまっている場合には、是非、専門家に相談してください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付