脳出血で障害厚生年金1級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

半年前に脳出血で倒れ、左上下肢麻痺の後遺症が残ってしまいました。医師からリハビリをしても症状が回復する可能性はないと言われました。休職中で復職の可能性が低いことから相談にみえました。

社労士による見解

肺がんの病状が重く転移もありました。左上下肢麻痺のため、身の回りのことができず、同居の家族が援助してくれていまいた。脳出血の特例を使い、1年半の認定日請求を待たずに症状固定で申請をしました。

結果

障害厚生年金1級に認められ年間約270万円受給することができました。 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付