発達障害・軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

母親から虐待を受けて育ったため、子供の頃の記憶はほとんど残っていませんでした。学校生活でもいじめられることが多くいつも怯えていました。社会人になり仕事をしましたが、集中力がなく、仕事ができないことから厳しく怒られ退職してしまいました。同棲していた彼に支えられ、相談にみえました。

社労士による見解

年配の女性が多い職場で、仕事ができるようになるまで一つずつ丁寧に教えてくれる温かい雰囲気の中、配慮を受け週に2~3回、パートで働いていました。しかし、衝動性が高く、イライラすると攻撃的になることもあり、また、家事が全くできないため自力で生活することが難しく、障害年金の受給の可能性があると思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付