広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

幼い頃から発達障害と診断され問題行動があり母親のサポートを受けて何とか日常生活が送れているということでした。てんかん発作も年に何度か起こしていましたが、薬でコントロールができるようになっていました。障害者雇用で毎月10万円程の収入がありましたが将来的に自立ができるように障害年金の請求をしたいとのことで相談にみえました。

社労士による見解

就労先の会社からは十分な配慮を受けて働いていました。仕事の内容は単純な作業を繰り返し行っている状況でした。社内でのコミュニケーションもうまく取れていないようでした。日常生活は家族の援助が無くては成り立たないことから就労していても障害年金の受給が出来ると判断しました。

結果

障害基礎年金2級に認められ780100円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付