脳梗塞・脳出血で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

Dさんは自宅にいるとき突然呂律が回らなくなり、病院に緊急搬送、脳出血との診断を受けました。直ぐに入院し治療を受けましたが、脳梗塞も発症していたため右半身に麻痺が出てしまいました。数か月、リハビリ治療等を受けましたが、失語と右半身の麻痺が残ってしまいました。ご家族から障害年金の受給ができないかとお電話でご相談がありました。

社労士による見解

右半身麻痺はリハビリ治療で改善していましたが、失語症の症状が重く、家族との意思疎通もほとんどできない状況でした。一人で日常生活を送ることが難しく、障害年金を受給ができる可能性が高いと判断し認定日で申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約78万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付