統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

Xさんは、大学に進学した頃から幻覚や幻聴等の症状が出るようになりました。家族や周囲の人とのコミュニケーションにも支障が出るようになり、気持ちの落ち込みもひどくなったため病院を受診したところ、統合失調症と診断されました。服薬治療を受け入院もしましたが症状は改善せず、学校を続けることが困難な状況になってしまいました。幻覚等の症状から身の回りのことをするのも難しくなり、入院中のご本人に代わってご家族がご相談に見えました。

社労士による見解

ご家族からの聞き取りから、統合失調症で何度も入退院を繰り返しており症状が重いこと、家事や身の回りのことがほとんどできず家族の援助がなければ日常生活が送れない状況であること、初診日には大学生だったが、学生納付猶予制度を利用しており未納期間がなかったことなどが分かりました。初診日から1年半後に当たる障害認定日からまだあまり日が経っていなかったことから、障害認定日に合わせた申請が可能と判断し、手続きをいたしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円の受給が決定しました。安心して療養に専念していただきたいと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付