広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

子供のころから友達とのトラブルが多く、自分の重い通りにならないとかんしゃくを起こしました。小学校の高学年から不安が強くなり、医師からは起立性調整障害と言われていました。中学でも新しい環境や友達に馴染めず、ストレスを強く感じ、学校に行くことができなくなりました。高校も中退し、アルバイトも続かない状態ため就労移行支援を経てB事業所に通所しましたが、職場関係が上手くいかずうつ病も併発してしまいました。20歳になったときに母親が申請しましたが不支給となり、再度申請しましたが再び不支給のなり、相談にみえました。

社労士による見解

不支給になった時の2回分の書類を確認し、不支給になった原因を調べる必要がありました。日常生活は2級相当に該当してもおかしくないほど家族が援助している状態でした。就労先から就労の状況も確認する必要があり、総合的に手直しをして申請をしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ78万円受給することができました。年金受給が決定したことで、将来の安心につながり無理せず、自分のペースで仕事を続けられると喜んでくださいました。

うつ病の最新記事

受給事例の最新記事

発達障害・知的障害の最新記事

精神障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付