注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

子供の頃から怪我が多く、落ち着きがありませんでした。音や光に敏感で、イライラすると怒りをコントロールできず機嫌が悪くなりました。学校生活では孤立することが多く、社会人になって就職すると、仕事ができないことや、自分に他人と違う感覚があり、何かおかしいと感じるようになりました。仕事を続けることができなくなり、ネットで調べた発達障害の症状に自分が当てはまっていると思い受診しました。仕事を辞め、就労移行支援事業所に通所している時に相談に見えました。

社労士による見解

一般企業に継続して働くことができないため就労移行支援事業所に通所し、障害者雇用として働きたいと頑張っていました。イレギュラーなことがあると対応できずパニックになり、掃除や食事の支度、金銭管理などにも家族の助けが必要でした。安定した生活を送るためにも障害年金が必要だと思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ、年間78万円受給することができました。ご家族様もとても喜んでくれました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付