全身性ジストニアで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

歩こうとすると後ろに引っ張られる感覚があり、その感覚がひどくなっていきました。いくつかの病院を回りましたが原因が分からず、数件目の病院で全身ジストニアと診断されました。症状は徐々に進行していき、体に力が入らなくなり、食事や着替え、入浴も一人ではできなくなり車いすがないと歩行ができないほどになってしまいました。

社労士による見解

生活支援施設からの紹介でしたが、初診日から1年半経っていなかったため、1年半を待ち認定日請求できるように準備が必要だと思いました。仕事をすることができず収入が無い為、障害年金の受給が必要だと思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ780,100円受給することができました。大人になってから視覚に障害を持たれて戸惑いが大きいと思いますが、前向きに取り組んでいる姿勢は周りを勇気付けると思いました。

がん・難病の最新受給事例

難病の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付