高次脳障害・症候性てんかんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

会社帰りに自宅近くで倒れ、病院に救急搬送されました。脳出血があり左半身に軽い麻痺と高次脳機能障害が残ってしまいました。自力での生活が困難になり、区の生活支援センターのサポートを受けていましたが、生活していくためには障害年金が必要でした。

社労士による見解

左半身に麻痺が残っていましたが、歩行もでき、左手を使っての作業もできる状態でした。高次脳機能障害による記憶力や注意力の低下があり、危機管理や金銭管理は全くできていませんでした。まとまりのない会話が多く、理解力も低下していることから、就労や自力での日常生活ができない状態が続いていたことから、認定日に遡り障害年金の申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ137万円受給することができました。

 

てんかんの最新受給事例

精神障害の最新受給事例

高次脳機能障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付