がん・難病

アトピー性皮膚炎で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 高校生の頃から日光診で外出できず、家の中は遮光カーテンをして生活していました。 少しの紫外線にでもあたると湿疹ができ、腫れて皮膚の痛みもあり動けなくなってしまいました。高校卒業時に無理をしたことが原因で、光により過敏になり月光にも反応するようになりました。外出できず、家の中に閉じこもって暮らしていますが、パソコンの光にも反応してしまうため在宅での就労が難しく、今後
続きを読む >>

下行結腸癌で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 急な発熱があり受診すると、下行結腸癌と診断されました。抗がん剤治療を開始して、症状も落ち着き、しばらくは治療も一段落していましたが、2年ほど経過したころに再び体調不良が始まり、主治医からは転移を告げられました。再び抗がん剤治療が始めましたが、強い副作用が強くほとんど動けなくなってしまいました。月の中で動けるのは2、3日という状態が続き、給料も下がっていく中で、ご家族
続きを読む >>

右顎下腺がんで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 4年くらい前から、あごの皮膚が盛り上がって変色してきました。痛みはありませんでしたが病院を受診すると唾液腺がんと診断されました。診断時には手遅れな状態で、手術も放射線治療もできず、抗がん剤治療だけを続けていました。口からものが食べられなくなったため胃ろうを造設し、入院生活を送っていました。 社労士による見解 認定日の頃から入院して抗がん剤治療を受けていました。胃
続きを読む >>

肛門管がん 自己免疫肝炎で障害基礎年金 2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 下血などの症状があり病院を受診すると、肛門菅がんが見つかりました。いったんは放射線治療等で回復しましたが、その後体調が悪化し、出血もあり再検査で再発と診断されました。入院加療中に自己免疫性肝炎も発症し、痛みを抑える薬がほとんど使えなくなりました。体のだるさや痛みに一日悩まされ、日常生活を送ることが難しくなったため障害年金の受給を検討されご相談に見えました。 社労士
続きを読む >>

全身性ジストニアで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 歩こうとすると後ろに引っ張られる感覚があり、その感覚がひどくなっていきました。いくつかの病院を回りましたが原因が分からず、数件目の病院で全身ジストニアと診断されました。症状は徐々に進行していき、体に力が入らなくなり、食事や着替え、入浴も一人ではできなくなり車いすがないと歩行ができないほどになってしまいました。 社労士による見解 生活支援施設からの紹介でしたが、初
続きを読む >>

乳がんで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 乳がんがリンパ節や皮下細胞に転移していました。ステージⅣで摘出手術を検討されましたが、血栓があり、がんの治療ができないためホルモン療法を受けていました。倦怠感が強く、家事が全くできず1日の80パーセントは横になっている状態で相談がありました。 社労士による見解 ホルモン療法の副作用もあり、しびれや倦怠感があり微熱が毎日続いていました。起き上がるのが辛くほとんど横
続きを読む >>

クローン病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 40年以上前にクローン病を発症し、大腸や小腸を摘出する手術を受け、その後は腸閉塞を繰り返していました。口から食事が取れない状態になり、栄養剤の点滴を24時間付け、栄養補充ゼリー以外は口にできなくなってしまいました。体力も減退し、今後仕事を続けていくことに不安を感じているとのことでご相談にみえました。 社労士による見解 初めてクローン病で病院を受診した際に厚生年金
続きを読む >>

肺門部肺腺癌・転移性脳腫瘍により障害厚生年金1級受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 10年程、肺がんの治療を受けていました。6年前から脳に転移し放射線治療の後遺症のため失語障害、意識障害、視野障害や右上下肢麻痺などの障害もありました。病院の支援員の勧めで障害年金のことを知り相談にいらっしゃいました。1年前から専門家への相談を勧められていましたが、なかなか相談できなかったようでした。 社労士による見解 右上下肢に麻痺があり自力での歩行ができず、失
続きを読む >>

乳がんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 10年前に乳がんが分かり手術を受けて経過観察をしていました。5年経った頃、検査したところ再発していました。すでに肝臓やリンパ、腰の骨に転移がありました。放射線治療や抗がん剤治療を続けていましたがその2年後には脳への転移も見つかりました。記憶障害が出始め身の回りのことが出来なくなり実家に引き取られ介助を受けていました。他の患者さんから障害年金のことを聞いて父親が相談に
続きを読む >>

障害者特例が認められたケース

相談時の状況(60代・男性) 直腸がん、肝転移、肺転移などがあり倦怠感がひどく仕事ができていませんでした。障害年金請求を請求したいということでしたが、初診日以前の国民年金の納付が足りないため障害年金の申請はできないようでした。 社労士による見解 相談時点では退職しており特別支給の老齢年金を受給しているということでした。人工肛門を入れてから6ヵ月以上経過しているということだったので、老齢年金の
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付