統合失調症

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 外国籍で慣れない日本で生活していました。夫は仕事で留守にすることが多く、一人で子育てをしていたストレスから、気分が落ち込み不眠になりました。涙が止まらなくなり、過呼吸も何度か起こしたため、10年前から精神科を受診するようになりました。少し体調が良くなった時に甲状腺がんが見つかり甲状腺の摘出とリンパに転移していた癌を切除しました。後遺症で声が出なくなり、ますますうつ状
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 高校受験のストレスやプレッシャーから体調を崩し幻聴が現れ、統合失調症と診断され、入学前の春休みに1か月入院して治療を受けました。その後も、定期的に通院を続けていました。社会人になっても、人間関係がうまく行かず、些細なことで口論や喧嘩になり、仕事が長続きしませんでした。障害者手帳を取得して障害者雇用を目指しましたがうまく就職できず、A型作業所でも継続して働くことができ
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金 2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 統合失調症になり、3年ほど前に自分で申請をしましたが不支給になっていました。それからも、セミの鳴き声や自分の悪口が聞こえるような幻聴があり、家族から邪魔者扱いされているといった被害妄想が続いていました。A型作業所に通所中に相談にみえました。 社労士による見解 3年前に不支給になった理由を確認するために年金機構から申請書類一式を取り寄せました。障害者手帳2級を取得
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 高校生の頃、電車や狭い空間でパニックを起こすようになりました。社交的な性格でしたが、その頃から他人と関わることが苦手になっていきました。大学生になると気分の落ち込みが激しい日が多くなり、ついには学校に通うことができなくなりました。知り合いの会社に就労しましたが、抑うつ状態になると仕事に行くことができませんでした。数か月から数年の間はうつ状態では自宅に引きこもり、そう
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 数年前から統合失調症で障害基礎年金を受給していました。主治医が変わったタイミングに障害年金の更新がありました。新しい医師に診断書を書いてもらい更新の手続きをしたところ支給停止となってしまいました。お金が底をつき、障害年金がもらえていないことを医師に相談して診断書を書いてもらい再び受給できることになりましたが 数年間もらえなかった年金が受給できないかと相談にみえました
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 数年前から統合失調症で障害基礎年金を受給していました。主治医が変わったタイミングに障害年金の更新がありました。新しい医師に診断書を書いてもらい更新の手続きをしたところ支給停止となってしまいました。お金が底をつき、障害年金がもらえていないことを医師に相談して診断書を書いてもらい再び受給できることになりましたが 数年間もらえなかった年金が受給できないかと相談にみえました
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 10年ほど前から電気が走るような体の痛みと幻覚、幻聴など症状があり、統合失調症の治療をしていました。服薬治療や入院加療を受けても症状は改善せず、仕事や家事をすることが難しくなっていました。通院以外で外出することもあまりできず、日常生活の大部分に家族のサポートが必要な状況だったため、ご自分を責め焦る気持ちで体調がさらに悪化していました。 社労士による見解 統合失調
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 3年ほど前から気分の落ち込みがあり、仕事に行けなくなりました。いくつも病院を受診しましたが、原因不明で薬をもらうこともできませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたり、怪しい行動を取ったり統合失調症の症状が出るようになりました。被害妄想から警察沙汰になり強制入院したこともありました。 社労士による見解 年金事務所で相談をし
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 3年ほど前から気分の落ち込み意欲がなくなりました。仕事に行けなくなり、病院をいくつか受診しましたが、病名が診断されず薬をもらえませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたりと被害妄想がひどくなり、用もないのに外を走り回るなどの奇行も始まりました。徐々に被害妄想がひどくなり、トラブルになることも多く、警察沙汰になり強制入院するまで
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 真面目な性格で勉強もよくできました。大学時代から片頭痛や吐き気の症状があり病院を受診していました。父親を交通事故で亡くしたことをきっかけに、自責の念が強くなり、奇行が始まりました。近所を徘徊し、まとまりのない会話が増え統合失調症と診断されました。その後は働くことができず自宅に引きこもり、自力で生活ができない状態でした。家族が障害年金の請求を試みましたが、本人は知識が
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付