うつ病による受給事例

相談者:50代男性
傷病名:うつ病
医師になかなか診断書を書いてもらえなかったが障害厚生年金2級を受給

相談時の状況

仕事のストレスが原因で会社に行けなくなり傷病手当金を受給していましたが、傷病手当金が終わっても仕事にも戻れずに生活に不安を抱えてご家族と一緒に相談にみえました。

家の中に引きこもり、1日のほとんどを横になって生活していて食事や身の回りの世話はすべて奥様がされていました。

幻聴があり倦怠感から起き上がれない感じでした。

ほとんど会話もなく付き添ってきた奥様から聞き取りをしました。

社労士による見解

お話しを伺うと傷病手当金が切れてしまうころ、医師に障害年金の申請をしたいことを伝えたところ、なかなか書いてくれないとのことでした。

医師は障害年金をもらうとそれに甘えて治療をしなくなると考えておられるようでいたが、苦しんでいるご本人様やそのご家族が安心して治療に専念できるようになるためにも障害年金の請求が必要だとおもいました。
医師を説得する必要があるため病院に同行し、障害年金について理解を求めなんとか診断書を書いてもらうことができました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

年間170万円の障害厚生年金を受け取りました。

認定日に遡って9か月分(127万円)も支給されました。

障害年金は我が国の社会保障制度です。

納付要件を満たし初診日が確定していて、かつ障害の認定基準に該当していれば障害年金が請求できます。

うつ病などの精神疾患の場合には仕事に行きたくても行けないため収入がなく、どうすればいいか不安に満ちて生活されている方がいらっしゃいます。

しかし障害年金を受給することで、生活が保障されるため精神的にとても安心でき。治療にも専念できるようになります。

悩んでいたら一度専門家にご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付