障害年金の対象となる傷病

障害年金と聞くと、目の障害、聴力の障害、肢体の障害など外見でわかるものを想像してしまうと思いますが、日常生活にかなりの支障がある場合、ほとんどの傷病が障害年金の対象となります。

ただし、同じような症状でも、傷病名によっては対象外とされてしまうこともありますので、注意が必要です。

次に障害年金の対象となる傷病を紹介していますのでご覧ください。これらはほんの一部で、本当に多くの傷病やケガが対象になります。

目の傷病

白内障、緑内障(ベージェット病によるもの含む)、ブドウ膜炎、眼球萎縮、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、眼球はく離、腎性網膜症、糖尿病網膜症 など

聴覚

メニエール病、感音声難聴、突発性難聴、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、混合性難聴、毒物中毒による内耳障害、神経症難聴 など

肢体

上肢または下肢の離断(切断)、上肢または下肢の外傷性運動障害、重症筋無力症、関節リウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股関節症、変形性膝関節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、ビュルガー病、ポストポリオ症候群 など

脳の傷病

脳卒中、脳出血 、脳梗塞、脳軟化症、くも膜下出血 など       

精神

統合失調症、うつ病、躁うつ病、てんかん、発達障害、知的障害など

呼吸器疾患

気管支ぜん息、肺線維症、肺結核など

心疾患、高血圧

統合失調症、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、てんかん、知的障害、発達障害 など

腎疾患、肝疾患、糖尿病

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、糖尿病性腎症、肝硬変、多発性肝腫瘍、肝炎、肝がん、糖尿病(難治性含む)、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など糖尿病性と明示された全ての合併症 など

その他

悪性新生物(ガン)、高次脳機能障害、化学物質過敏症、慢性疲労症候群、線維筋痛症、各種難病(強皮症、パーキンソン症候群) など

 

いろいろな傷病を併発している場合もあります。

自分で判断できない場合は、まずは専門家にご相談ください。

当センターは、障害年金の全国組織に加入しており、豊富な事例を共有しています。


障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付