障害年金をもらうためのポイント

障害年金を受給するためには、行政から「障害の認定」を得る必要があります。それは、障害の認定=障害年金の受給権発生になるからです。この障害の認定を受けるためには、医師の診断書による証明が最も重要になります。

障害年金を受給するには障害があることを証明するだけで認められるものではなく、その障害が行政の定める障害認定基準・要領の内容に適合していることを証明しなくてはなりません。

担当医とよく話し合い症状に見合った適切な内容で障害認定基準・要領の内容に適合した診断書を記入してもらう必要があります。

この時点でよく問題になるのが、初診日が特定できない場合や、初診日がかなり過去にさかのぼる場合です。このような場合、個人で申請するには手間がかかると同時に、手続きが困難なために受給を諦めてしまう方も数多くいます。

当事務所では、診断書のチェックを始め、さまざまなご相談に応じておりますので、お気軽にご相談下さい。


障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付