双極性障害による受給事例

相談者:40代男性
傷病名:双極性障害

相談時の状況

第1子を出産した頃から不眠や食欲不振などのうつ症状が出現し服薬治療を受けてた。

仕事の責任感が強いためオーバーワークになってしまい、疲労がたまると気分が落ち込み体調を崩してしていた、症状が悪化したため入院加療したが、退院後でも家事も育児もできず。

倦怠感や気分の落ち込みもあり、死んでしまいたいと思う不安定な状態が続いている。

ご主人様から相談を受けました。

社労士による見解

外出も電話の応対もできず何も手につかないため、日常生活に著しく支障をきたしているようでした。

少しでも不安がなくなり治療に専念できるように障害年金を請求することをすすめました。

受任してから申請までに行ったこと

初診の証明、認定日の診断書もスムーズに取れました。

現在の日常生活については、ご本人やご家族から十分に聞き取りをしてその内容を医師に伝えました。

結果

障害厚生年金の2級に認められ、年間160万円受給することができました。

認定日に遡って440万円の支払いもありました。
                
仕事・家事・育児を休む間もなく働き、うまくできない時には自分を責めてしまうことがあります。

このように責任感が強い方が無理をしすぎ体調を壊してしまうケースは多々あります。

時には息抜きをして心も体もやすませてあげることも大切だと思います。

障害年金を受給したことにより経済な不安が解消して症状が改善される方もたくさんいらっしゃいます。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付