うつ病により障害厚生年金2級をもらったケース

相談時の状況(40代・女性)

仕事で過大な負荷がかかり、不安からめまいや強い倦怠感がありました。

掛かりつけの病院で精神安定剤をもらい、なんとか仕事を続けていましたが、その後も仕事の負担が続き、とうとう自分の思うように体が動かなくなってしまいました。

仕事に行くことができなくなり生きているのが辛く自殺未遂をしたこともありました。

治療のための入退院を繰り返していましたが会社に戻ることができませんでした。

退職後は仕事に就くことができず、自宅で療養していましたが、貯金もなくなり生活費のため多額の債務を抱えることとなり行政の相談員と一緒に相談にみえました

社労士による見解

仕事にも就くことができず、日常生活できていませんでした。

多額の債務もあることから障害年金が必要だと思いました。

受任してから申請までに行ったこと

初診の頃は共済組合に加入していました。

共済組合から請求書類を取り寄せて準備をしました。

通院している医師には、行政の担当者が付き添って病状を伝えてくれたお陰で診断書も症状に合った内容で作成されました。

結果

障害厚生年金の2級に認められ、無事に受給することができました。

ゆっくりと療養していただきたいと思います。

コメント

今回の申請では、ご本人が病気により仕事に就けず、貯金を取り崩し生活していましたが、貯金も底をつき、債務を抱え生活に困り、生活困窮者相談窓口に相談したことにより、当サポートセンターにつながりました。障害年金の申請は、専門の社会保険労務士にご相談いただきたいと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付