躁うつ病により障害厚生年金3級をもらったケース

相談時の状況(40代・男性)

転勤をきっかけに過重労働が続き、休みも1ヶ月に1~2日しか取れなくなりました。
責任を持たされて過酷な労働をさせられていると頭痛や吐き気がなどの症状が出始め会社へ行くことができなくなってしまいました。

病院を受診すると医師から「うつ病」であると診断されました。会を休職して通院続けていました症状が改善することがなくとうとう会社を退職してしまいました。
退職後は、仕事ができず、生活費も足りなくなり日常生活に支障が出てきている状態で相談にみえました。

社労士による見解

初診日は厚生年金でした。

仕事ができない状態であることから障害年金が受給できると思いました。

労災の可能性もあると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

障害認定日の頃も症状がわるかったので認定日請求をしました。

通院していた病院は1つだけだったので受診状況等証明書は省略できました。

結果

障害基厚生金の3級に認められ、無事に受給することができました。

コメント

今回の請求者は、躁うつ病により日中は食事も取れず寝たきりになって家から外に出られないのですが、夜になると目がぎらぎらして自転車で走り回るほど活動的になりました。

誇大妄想があり収入以上の買い物をしてしまうことで借金が増え、生活が困窮していました。

生活困窮者支援のスタッフの方のサポートを受けて来所されました。

生活支援課のスタッフの方の手厚いサポートでには本当に感謝しております。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付