肺サルコイドーシス障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性)

咳が続いていたため受診したところ、肺サルコイドーシスの症状だと分かりました。治療を受け始めて直ぐにアスペルギルス症を引き起こし、さらに肺炎にも掛かりました。肺炎がきっかけに症状が一気に悪化ししてしまい、自力での呼吸すら難しくなり在宅酸素を始めました。倦怠感も強く1日のほとんどを横になって過ごしていました。

社労士による見解

在宅酸素が離せず、仕事も身の回りのこともできる状態ではありませんでした。奥様に支えられて生活していましたが、障害年金が必要だと思い申請サポートをしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間78万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付