がん

乳がんで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 乳がんがリンパ節や皮下細胞に転移していました。ステージⅣで摘出手術を検討されましたが、血栓があり、がんの治療ができないためホルモン療法を受けていました。倦怠感が強く、家事が全くできず1日の80パーセントは横になっている状態で相談がありました。 社労士による見解 ホルモン療法の副作用もあり、しびれや倦怠感があり微熱が毎日続いていました。起き上がるのが辛くほとんど横
続きを読む >>

肺門部肺腺癌・転移性脳腫瘍により障害厚生年金1級受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 10年程、肺がんの治療を受けていました。6年前から脳に転移し放射線治療の後遺症のため失語障害、意識障害、視野障害や右上下肢麻痺などの障害もありました。病院の支援員の勧めで障害年金のことを知り相談にいらっしゃいました。1年前から専門家への相談を勧められていましたが、なかなか相談できなかったようでした。 社労士による見解 右上下肢に麻痺があり自力での歩行ができず、失
続きを読む >>

乳がんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 10年前に乳がんが分かり手術を受けて経過観察をしていました。5年経った頃、検査したところ再発していました。すでに肝臓やリンパ、腰の骨に転移がありました。放射線治療や抗がん剤治療を続けていましたがその2年後には脳への転移も見つかりました。記憶障害が出始め身の回りのことが出来なくなり実家に引き取られ介助を受けていました。他の患者さんから障害年金のことを聞いて父親が相談に
続きを読む >>

障害者特例が認められたケース

相談時の状況(60代・男性) 直腸がん、肝転移、肺転移などがあり倦怠感がひどく仕事ができていませんでした。障害年金請求を請求したいということでしたが、初診日以前の国民年金の納付が足りないため障害年金の申請はできないようでした。 社労士による見解 相談時点では退職しており特別支給の老齢年金を受給しているということでした。人工肛門を入れてから6ヵ月以上経過しているということだったので、老齢年金の
続きを読む >>

肺がんで障害厚生年金1級に認められたケース

相談時の状況(40代・女性) 病院の相談員から紹介され相談がありました。がんの転移がありホスピス病棟に入院していました。がんの痛みがひどく、鎮痛剤で痛みを和らげていましたが、一人でベッドから起き上がることが出来ず、トイレや入浴にも介助が必要な状態でした。 社労士による見解 右上下肢が麻痺しているため歩行ができず移動が困難なことや入浴、食事、トイレなど日常生活には常に介助が必要なこと、また、疲
続きを読む >>

腎臓がん多発転移で障害厚生年金3級受給(障害者特例を選択)

相談時の状況(60代・男性) 腎臓がんが見つかり抗がん剤の治療を受けていましたが、肺、骨(腰、背中)にも転移し相談時には腰のコルセットを付けて何とか座位が保てる状態でした。股関節の痛みがひどく歩行には杖が必要との事でした。抗がん剤治療は、終了しており、治療の手立てが無いと医師から宣告されておりました。仕事はデスクワークをされていましたが、これ以上は難しい障害年金の申請を考えて相談にみえました。
続きを読む >>

肺がんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) Oさんは、腕にしびれや痛みなどの不調を感じ、数か所の病院を受診したのち肺がんと診断されました。リンパ節への転移もあり、左手の指の機能も低下していました。化学療法や抗がん剤治療のため何度も入院退院を繰り返し、治療を受けていましたが、軽い動きで呼吸困難になるほどの息切れを起こしてしまうなど症状が重く、自宅では1日中横になっている状況で身の回りのことができなくなりました。
続きを読む >>

乳がんで障害厚生年金1級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 健康診断で乳腺炎の疑いがあるといわれ、二次健診を受けるように言われました。受診すると乳がんと診断され、入院して右乳房を全摘出しました。転移がありましたが悪性度は軽いと言われ、一週間くらいで退院することができました。抗がん剤治療も不要といわれ、ホルモン治療のみ行い、しばらく経過観察のために通院していていました。通院のペースは年1回程度になりました。仕事も普通にしていま
続きを読む >>

肺がんにより障害厚年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 一昨年の夏に肺がんが見つかり抗がん剤の治療を受けていましたが、骨にも転移し相談時には左の腕がほとんど動かない状態でした。仕事を続けることもできなくなり障害年金の申請を考えていました。 社労士による見解 肺がんが骨にも転移し、左腕から指先までに麻痺があり、左手はほとんど使えない状態でした。がんによる倦怠感なども強く仕事ができる状態ではないことから障害年金請求が可能
続きを読む >>

舌癌で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談時の状況(40代・男性) 舌癌の手術を受け1年半の傷病手当金の受給が終わる頃に復職する予定でしたが、、肺や頸部リンパ節、腸骨にも転移が見つかり治療のため復職が難しくなってしまいました、。生活のため障害年金の受給を考えたいと思い相談にみえました。 社労士による見解 舌の一部の切除手術を受けたため発音がうまくできず、会話や嚥下機能にも支障が出ていました。また倦怠感などが強く日常生活にも支障が
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付