肢体障害

右変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 数年前、腰の痛みで病院を受診し、ヘルニアと診断され、痛み止めやブロック注射などで慢性的な痛みを抑えていましたが、膝にも痛みが出はじめ、変形ひざ関節症、変形股関節症の症状があるとの診断も受けました。医師から手術を勧められ、人工関節を装着しました。ご自身の症状が障害年金の認定基準に該当するかどうか知りたいと相談に見えました。 社労士による見解 初診日に厚生年金に加入
続きを読む >>

右変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 昨年10月に人工股関節手術をし、障害年金の請求を検討していましたが、仕事が忙しく、障害年金申請書類が煩雑でよく分からないので申請書類全般の作成と提出を代行して欲しいと相談にみえました。 社労士による見解 初診日から1年半以内に人工股関節の装着をしていたので、装着日を障害認定日として請求できる可能と判断しました。初診証明書の依頼や受け取りなど、速やかに申請できるよ
続きを読む >>

人工関節で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 足に負担が掛かる仕事をしていました。両膝に痛みを感じるようになり友人に相談すると、「膝が悪い人は、周りの筋肉を鍛えるといいよ」と言われ、膝の運動を心がけて生活していました。しかし徐々に痛みが増していったため、病院を受診すると、変形性膝関節症の症状が重く、直ぐに人工関節の置換が必要と診断されました。両膝に人工関節置換術を受けました。手術後も歩行はできるようになったもの
続きを読む >>

両側大腿骨骨頭壊死症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) ある日、飲食店に入ろうとして滑って足をぶつけました。病院を受診すると大腿骨が壊死していると言われました。原因不明の突発性大腿骨壊死症でした。自覚症状は全くなく、しばらくは仕事ができていましたが、やがて立ち仕事が辛くなり、両方の股関節に人工関節を装着しました。装着後は今までの立ち仕事ができなくなり、傷病手当金をもらっていましたが1年半たっても復職の目途が立たないという
続きを読む >>

人工関節で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 足の付け根に痛みが続いていましたが、坐骨神経痛で通院していた病院では、その痛みは腰からくるものだと説明されていました。通っていた鍼灸院の先生に相談したところ、大きな病院で検査を受けることを勧められ、大きな病院で検査を受けると変形股関節症と診断されました。その後、痛みが増していき仕事に行くことができないようになり、人工股関節の置換術を受けました。 社労士による見解
続きを読む >>

変形股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 10年ほど前から、足の付け根と腰に痛みが出るようになりました。近くの整形外科に通って湿布薬や痛み止めをもらっていました。数年絶ち痛みが増してきたため、股関節で有名な病院を受診すると末期の変形性股関節症と言われました。経過観察をしながら薬で痛みを抑えていましたが、人工関節の装着手術をすることになりました。入院中に同じ病室の患者さんに障害年金のことを教えてもらいご相談に
続きを読む >>

肺門部肺腺癌・転移性脳腫瘍により障害厚生年金1級受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 10年程、肺がんの治療を受けていました。6年前から脳に転移し放射線治療の後遺症のため失語障害、意識障害、視野障害や右上下肢麻痺などの障害もありました。病院の支援員の勧めで障害年金のことを知り相談にいらっしゃいました。1年前から専門家への相談を勧められていましたが、なかなか相談できなかったようでした。 社労士による見解 右上下肢に麻痺があり自力での歩行ができず、失
続きを読む >>

腰部脊柱狭窄症・腰椎変性側弯症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) Oさんは腰椎脊柱管狭窄症の症状で通院をしていました。数回の入院や手術をした後も症状が次第に悪化し、杖が手放せなくなってしまいました。職場からの配慮があり仕事をデスクワークに変更しましたが、痛みで仕事に行けなくなり、休職せざるを得ませんでした。すでに傷病手当金も有給も使い切っていたため休職すると減給されていました。小さな子供が二人いることから、復帰を希望されていました
続きを読む >>

腰部脊柱狭窄症・腰椎変性側弯症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) Kさんは腰椎脊柱管狭窄症の症状で通院をしていました。数回の入院や手術をした後も症状が次第に悪化し、杖が手放せなくなってしまいました。職場からの配慮があり仕事をデスクワークに変更しましたが、痛みで仕事に行けなくなり、休職せざるを得ませんでした。すでに傷病手当金も有給も使い切っていたため休職すると減給されていました。小さな子供が二人いることから、復帰を希望されていました
続きを読む >>

腎臓がん多発転移で障害厚生年金3級受給(障害者特例を選択)

相談時の状況(60代・男性) 腎臓がんが見つかり抗がん剤の治療を受けていましたが、肺、骨(腰、背中)にも転移し相談時には腰のコルセットを付けて何とか座位が保てる状態でした。股関節の痛みがひどく歩行には杖が必要との事でした。抗がん剤治療は、終了しており、治療の手立てが無いと医師から宣告されておりました。仕事はデスクワークをされていましたが、これ以上は難しい障害年金の申請を考えて相談にみえました。
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付