乳がんで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

乳がんがリンパ節や皮下細胞に転移していました。ステージⅣで摘出手術を検討されましたが、血栓があり、がんの治療ができないためホルモン療法を受けていました。倦怠感が強く、家事が全くできず1日の80パーセントは横になっている状態で相談がありました。

社労士による見解

ホルモン療法の副作用もあり、しびれや倦怠感があり微熱が毎日続いていました。起き上がるのが辛くほとんど横になって生活していることから障害年金が受給できる可能性があると判断し申請をしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ、年額約780100円受給することができました。安心して療養に専念してください。

がんの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付