視覚障害

両側網膜絡膜委縮により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 21歳頃から視界に違和感があり病院を受診しました。眼底出血もあり、網脈絡膜委縮と診断され、医師から回復の見込みはないと言われました。徐々に進行し、視力低下や視野狭窄が進み、人の顔も判別できないようになりました。仕事にも支障が出てきたので3年程前から特別支援学校へ通って勉強をするようになりました。将来の生活のため障害年金を申請したいといってご相談にいらっしゃいました。
続きを読む >>

網膜変性症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 幼少期から視野が狭く網膜色素変性症と診断されました。徐々に視野狭窄が進んでいきました。見えないところが多いため階段を踏み外したり、物や人とぶつかったり危険な目にあうことも多く、学校の授業や勉強、身の回りのことも誰かのサポートが必要な状態でした。 社労士による見解 中心視野16度で、ほとんど見えていない状態でした。身体障害者手帳の2級を持っていました。二十歳の誕生
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) Hさんは20代に入ってから視野が狭くなり、網膜色素変性症と診断されました。進行が早く、徐々に視野が狭くなり、車の運転や、知らない道を一人で歩くこともできないなど日常生活にも支障が出てきました。発病から10年以上経ってから障害年金の存在を知り、当センターに相談にみえました。 社労士による見解 Hさんは外出が困難なため自宅に訪問させていただきました。Hさんから①視野
続きを読む >>

網膜色素変性症で基礎年金1級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 子供の頃から視力が悪く眼鏡をかけていましたが、20歳の頃から急に視野が狭くなりました、交通事故を起したことがきっかけで受診すると網膜色素変性症と診断されました。障害者雇用では収入も少なく生活に不安をかかえて相談にみえました 社労士による見解 面談時の様子では①視野も狭く視力もない②遺伝性の病気で子供のころから眼科に通っていたため20歳前障害で受給できる可能性があ
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得したケース

相談時の状況(40代・男性) 子どもの頃、夜道で見えにくいと感じたことがありましたが、気にすることなく学生時代を過ごしました。26歳頃から視野狭い感じ病院を受診すると両網膜色素変性症と診断されました。京都の病院で治験を受けるようになりましたが、病気の進行が早く、とうとう車の運転ができなくなるなど日常生活にも支障が出てきました。通院にお金が掛かることや3人の幼い子供を育ててなくてはいけないことから
続きを読む >>

糖尿病と両目糖尿性網膜症により障害基礎年金1級をもらった(30代・女性)

相談時の状況 1型糖尿病と子供の頃に診断されましたが、継続した治療を受けていませんでした。 症状が悪化すると治療を受けていましたが、インスリンでもコントロールが効かなくなり、また糖尿による視覚障害も併発してしまいメールで相談がありました。 社労士による見解 お電話による聞き取りをさせて頂きましたが、症状が重くもっと早く障害年金が請求できていた方だと思いました。 糖尿病と視覚障害
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付