網膜変性症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

幼少期から視野が狭く網膜色素変性症と診断されました。徐々に視野狭窄が進んでいきました。見えないところが多いため階段を踏み外したり、物や人とぶつかったり危険な目にあうことも多く、学校の授業や勉強、身の回りのことも誰かのサポートが必要な状態でした。

社労士による見解

中心視野16度で、ほとんど見えていない状態でした。身体障害者手帳の2級を持っていました。二十歳の誕生日のタイミングで申請できるよう準備しました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付