聴覚障害

肺門部肺腺癌・転移性脳腫瘍により障害厚生年金1級受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 10年程、肺がんの治療を受けていました。6年前から脳に転移し放射線治療の後遺症のため失語障害、意識障害、視野障害や右上下肢麻痺などの障害もありました。病院の支援員の勧めで障害年金のことを知り相談にいらっしゃいました。1年前から専門家への相談を勧められていましたが、なかなか相談できなかったようでした。 社労士による見解 右上下肢に麻痺があり自力での歩行ができず、失
続きを読む >>

聴覚障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) めまいや聞こえ難さが続いていたため受診すると感音性難聴と診断されました。しばらく通院して治療を受けていましたが症状は改善しませんでした。聴力がかなり落ちて、特に右耳については耳元で、大声で話してもらわないと話が聞き取れなくなりました。職場では配慮を受けて仕事をしていましたが、徐々に左耳の聴力も落ち始め、耳鳴りが強くなり会話がしにくくなりました。補聴器を作り障害者手帳
続きを読む >>

聴覚障害で障害手当金を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) Tさんは、仕事中突然左耳が聞こえなくなり、検査を受けると脳腫瘍が見つかりました。 手術の後は左耳が全く聞こえなくなり、回復の見込みもない状況だったため、耳を使う仕事ができなくなりました。接客や電話応対の多い業種の経験が長かったため、今後他業種で働くうえでの収入面での不安を感じ、今後障害年金の受給をしたいとご相談に見えました。 社労士による見解 ご本人からの聞
続きを読む >>

聴覚障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) めまいや難聴が続いていたため受診すると感音性難聴と診断されました。しばらく通院して治療を受けていましたが症状は改善しませんでした。聴力がかなり落ちて、特に右耳については耳元で、大声で話してもらわないと話が聞き取れなくなりました。職場では配慮を受けて仕事をしていましたが、徐々に左耳の聴力も落ち始め、耳鳴りが強くなり会話がしにくくなりました。補聴器を作り障害者手帳を取得
続きを読む >>

両側感音性難聴により障害厚生年金1級を受給したケース 遡及金額約540万円も受給

相談時の状況(40代・男性) 突然のめまいと耳鳴りが起こり、左耳が聞こえなくなり治療を受けても回復しませんでした。右耳の聴力も徐々に低下して聞こえなくなりました。既に、ご自身で申請を試みておりましたが、病歴就労申立書の不備や診断書の記載内容の不備などで何度か共済組合から返戻されてきました。その都度、内容を訂正して再提出していましたが、2年経っても結果が届かず、どうなっているのか調べてもらいたいと
続きを読む >>

舌癌で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談時の状況(40代・男性) 舌癌の手術を受け1年半の傷病手当金の受給が終わる頃に復職する予定でしたが、、肺や頸部リンパ節、腸骨にも転移が見つかり治療のため復職が難しくなってしまいました、。生活のため障害年金の受給を考えたいと思い相談にみえました。 社労士による見解 舌の一部の切除手術を受けたため発音がうまくできず、会話や嚥下機能にも支障が出ていました。また倦怠感などが強く日常生活にも支障が
続きを読む >>

両側聴覚障害により障害基礎年金1級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性) 職場のストレスが原因で片耳が聞こえづらくなりました。そのうち治ると思い放置していましたが、どんどん聞こえが悪くなり右耳がほとんど聞こえなくなりました。耳鳴りも起きるようになり、そのうち左耳も聞こえなくなってきました。両耳の聞こえが悪い状態で相談にみえました。 社労士による見解 相談の時の聴力は、まだ障害認定基準には該当していませんでしたが①症状が進行していること
続きを読む >>

両側聴覚障害で障害基礎年金1級をもらったケース

相談時の状況(60代・女性) 職場のストレスが原因で片耳が聞こえづらくなりました。そのうち治ると思い放置していましたが、どんどん聞こえが悪くなり右耳がほとんど聞こえなくなりました。耳鳴りも起きるようになり、そのうち左耳も聞こえなくなってきました。両耳の聞こえが悪い状態で相談にみえました。 社労士による見解 初回の相談の時はまだ認定基準を満たしていませんでしたが、その定期的に検査をしていところ
続きを読む >>

感音性難聴(骨形成不全)で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)  メールで相談がありました。何度かメールのやりとりをした後相談にみえました。中国国籍の方で、小さいころに骨形成不全症と診断されていました。全身の骨折を何度も繰り返していました。幼い頃に耳の中の骨を骨折したことで聴覚障害になり会話ができないため面談はすべて筆談で行いました。 社労士による見解 面談時の会話の状態からほとんど聞こえていないと思いました。しっかりとした
続きを読む >>

突発性難聴により障害手当金をもらったケース

相談時の状況(30代・女性)  奥様が数年前に仕事中の突然 突発性難聴になり、右耳が聞こえなくなってしまいました。 障害年金のことを知らなかったため請求をしていませんでしたが、後に障害年金を知りご主人様から相談がありました。 社労士による見解 障害手当金に該当しますが、初診日から5以上経過していたため請求は難しいと思いました。 しかし、共済組合に加入中のため共済独自の請求ができる可能
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付