人工関節で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

足の付け根に痛みが続いていましたが、坐骨神経痛で通院していた病院では、その痛みは腰からくるものだと説明されていました。通っていた鍼灸院の先生に相談したところ、大きな病院で検査を受けることを勧められ、大きな病院で検査を受けると変形股関節症と診断されました。その後、痛みが増していき仕事に行くことができないようになり、人工股関節の置換術を受けました。

社労士による見解

坐骨神経痛で通院していた病院では、変形股関節症とは診断ではありませんでした。検査を受けた大きな病院を初診とし、認定日の特例を使って申請を行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ66万円受給することができました。自分のペースで仕事を続けられると安心されていました。

人工関節の最新受給事例

肢体障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付