両側大腿骨骨頭壊死症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

ある日、飲食店に入ろうとして滑って足をぶつけました。病院を受診すると大腿骨が壊死していると言われました。原因不明の突発性大腿骨壊死症でした。自覚症状は全くなく、しばらくは仕事ができていましたが、やがて立ち仕事が辛くなり、両方の股関節に人工関節を装着しました。装着後は今までの立ち仕事ができなくなり、傷病手当金をもらっていましたが1年半たっても復職の目途が立たないということで相談にみえました。

社労士による見解

突発性大腿骨壊死症で、初診日から1年半以内に人工関節を装着していたので、認定日請求で申請を行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ58万円受給することができました。

人工関節の最新受給事例

肢体障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付