精神障害

注意欠陥多動性障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 不注意によるミスが多く、段取りの悪さを感じ気分が落ち込むようになりました。倦怠感が強く、何もする気が起きないので精神科を受診すると、ADHDと診断されました。服薬すると頭がすっきりして少し動けるようになりましたが、小学生の子供を育てながらの家事は負担が大きすぎ思うように体が動きませんでした。障害者手帳2級を取得したことで相談にみえました。 社労士による見解 赤信
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 子どもの頃、勉強はできましたが運動は苦手でした。好き嫌いが激しく、思い付きで行動することが多く、友達がなかなかできませんでした。大学を卒業し金融機関に勤めましたが、段取りが悪く仕事に大きなストレスがありました。あうんの呼吸が分からず気が利かないことで悩み病院を受診すると広汎性発達障害と診断されました。一般雇用を諦めて会社を退職し、障害者雇用で働き出しました。 社労
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 気分が上がり、なんでも頑張れる時と、気分の落ち込みがひどくなる時がありました。病院を受診すると双極性障害と診断されました。仕事にも支障が出始めたため退職して療養していましたが、体調はあまり改善しませんでした。環境を変えようと新しい仕事を始めましたが、直ぐにうつ状態になり仕事にいけなくなりました。そう状態とうつ状態が繰り返し現れコントロールができないことに苦しんでいま
続きを読む >>

重度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 重度の知的障害があり、身の回りのことが自分でできないため全てのことを母にやってもらっていました。障害者雇用で働こうと試みたこともありましたが働くことができず、就労移行事業所に通所していました。将来のことが不安で相談にみえました。 社労士による見解 日常生活は家族の支援が無いと生活できない状態でした。また、就労で賃金を得ることは難しい状態の為、障害年金が必要だと思
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 幼少期は、活発で後先を考えずに行動をして怪我をすることが多く、気になる事があるとそれに集中する傾向がありました。中学・高校(中退)と運動や成績はあまり得意ではなかったのですが、大検に合格しその後、大学に進学しました。しかし、大学2年で学校に行けなくなり中退してしまいました。就職しても、ミスが多く日常的に叱責され続け、何かおかしいと感じ病院を受診しました。うつ病と診断
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害と軽度知的で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 子どもの頃から勉強や運動が苦手でした。学校でいじめられたり、からかわれたりすることが多く、友達の言った冗談でも本気にして傷つき自傷行為を繰り返していました。就労しても仕事がなかなか覚えられずミスをしたり、同僚にいじめられたりして何度も仕事を変わりました。気分の落ち込みもあり病院を受診すると軽度の知的障害と注意欠陥多動性障害と診断されました。 社労士による見解 何
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 頭の中がもやもやして何も考えられなくなりました。亡くなった父親が憑依したかのように訳の分からないことを言うようになり、病院に連れて行かれました。統合失調症と診断されそのまま10か月間入院して治療を受けました。家の中でも絶えず動き回っているようです、ご主人と一緒に来所された時も、じっとしていられない様子で、始終、足を動かしていました。 社労士による見解 じ
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 子供の頃は、勉強や運動は出来ていましたが、整理整頓が苦手で忘れ物が多く、人の話を聞くことも苦手でした。一方的に話すなど、他者と上手に関わることも苦手でしたが、友達とは仲良く遊べていました。大きくなるにつれ友達から仲間外れにされ、人の目が気になるようになりました。対人恐怖症と診断されて通院しましたが、社会人になって働き始めても対人関係のトラブルが多く、抑うつ状態が強く
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害で障害共済年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 子供の頃から、友達とどう遊べばいいかわからず、遊ぶことができませんでした。小学校に入っても友達関係を築くことができず、学校ではいじめにもあいました。興味のないことに集中できないため先生に怒られることが多く、嫌いな教科は全くできませんでした。大学に進学しましたが、卒論が書けず中退となりました。仕事をしてもうまく行かず、結婚、出産後も希死念慮による自殺未遂を起こすなど症
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 以前から気分の抑揚があり、対人関係をうまく築くことが出来ませんでした。購買意欲が強く衝動買いをして借金が増え続け、自己破産をして生活保護を受けました。気分が落ち込むと些細なことでも死んでしまいたいと思い、自宅に引きこもることもあり、おかしいと感じて精神科を受診したところ双極性障害と診断されました。ご主人が障害年金のことを知り、請求を考えて相談にみえました。 社労士
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付