発達障害・知的障害

自閉スペクトラム症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 幼少の頃から発育が遅く、発育医療センターで診てもらっていました。小学校3年生から支援級に通い、その後は高等支援学校に進学しました。卒業後は障害者雇用で介護事業所に就労し、充分な配慮のもと介護の間接的な仕事をしていました。20歳になり障害年金が請求できないかとお母様が相談にみえました。 社労士による見解 ご相談の電話をいただいたのは20歳と4か月になった時でした。
続きを読む >>

うつ病 発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 転んで手首を複雑骨折したのが始まりで、その後、腰痛にも悩まされるようになりました。それまでは順調に仕事ができていましたが、体が不自由になって思うように仕事ができなくなったことから同僚からいじめられるようになり、20年以上働いた仕事をやめてしまいました。それからは仕事が見つからず、家に引きこもるようになってしまいました。一人暮らしで収入が無いので仕方なく障害者雇用で働
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 発達障害のある息子さんの障害年金を、ご家族が申請しましたが不支給になってしまいました。どうしたらいいのか分からず相談にみえました。 社労士による見解 不支給になった原因の調査が必要なため、申請書類を一式もってきてもらいました。診断書に記載されている内容は認定基準に該当していませんでした。母親から息子さんの日常生活を聞き取ると、着替えなどの日常生活も一人で行える状
続きを読む >>

アスペルガー症候群で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 発達障害のある息子さんが、働くことができないため、公の機関に相談に行きましたが、相談員からは「発達障害があっても、20歳前に発症していると障害年金はもらえません」と言われてしまいました。諦めきれずネットで調べると、発達障害でも障害年金の受給をしている人がいるので、専門の社労士に相談したいと思いました。 社労士による見解 障害者雇用で2年くらい仕事をしていましたが
続きを読む >>

広汎性発達障害・軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 広汎性発達障害と軽度知的障害と診断され、障害者雇用で働いていました。母子世帯のため生活保護受給していました。障害年金を受給できれば生活保護を受けずに生活していけると考え、同じ職場では障害年金を受給しているたくさんいるので、障害年金申請をしたいと相談にみえました。 社労士による見解 大手金融機関の特例子会社で働いていました。職場では十分な配慮を受けて簡単な作業をし
続きを読む >>

多動性障害・アスペルガー症候群により障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 幼少期から協調性がなく、いつも一人遊びをしていました。小学校では忘れ物が多く、手先が不器用で工作が苦手でした。友達とうまく付き合うことができず、いじめられることもありました。大学卒業後、就職した会社では失敗ばかりして仕事ができず、直ぐに辞めてしまいました。いくつか会社で面接を受けましたがどこでも採用されませんでした。その後、病院を受診して多動性障害・アスペルガー症候
続きを読む >>

うつ病・ADHDで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 学校を卒業して会社勤めを始めると他の社員と比べて、仕事ができないことが分かりました。仕事の指示が覚えられず、ケアレスミスを繰り返し、同時に2つ以上の仕事ができず優先順位も付けられないことから、怒られることが多くなり仕事に行くのが辛くなりました。仕事が辛く仕事中でも泣いてしまう状況が続き、仕事に行くことができなくなりました。入社から3か月で退職してしまいました。病院を
続きを読む >>

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 子供の頃から落ち着きがなく、怪我も多く、提出物を出すことや宿題をやることができませんでした。大学生の頃から、人と違うことに気づき、そのことで気分が落ち込むことが増えていきました。整体の仕事に就き10年ほど働いていましたが、勤務先が閉店となったことで、他の職場を探しましたが、どこの職場でも怒られ継続して働くことが出来ませんでした。とうとう働く意欲をなくし引きこもりの生
続きを読む >>

ADHDで障害基礎年金 2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 産後にイライラがひどく精神科を受診しましたが、授乳中で服薬できなかったので、直ぐに通院をやめてしまいました。子供が保育園に通うようになり、以前から自分は発達障害ではないかと疑っていたため、再び精神科を受診しました。検査を受けるとADHDと診断されました。カウンセリング治療を希望し、デイサービスに通うようになりました。家事や子育てに支障があり夫に援助してもらい生活して
続きを読む >>

中度精神遅滞 自閉症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 中度の精神遅滞と自閉症があり家族のサポートがないと日常生活が送れる状態ではありませんでした。障害者の雇用に力を入れている会社を紹介され、十分な配慮を受けながら就労していました。自立した生活を送れるように障害年金を請求したいということでした。 社労士による見解 職場での手厚い配慮をもとに常に見守られて働くことができていました。単純な作業を繰り返ししていましたがミス
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付