心不全により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

20年ほど前に心不全と診断され入院して治療を受けました。転院してからも入退院を繰り返しながら何とか仕事をしていました。発作が度々起こるため仕事も休みがちになっていたため収入面でも不安が大きく障害年金申請したいと相談にみえました。

社労士による見解

初診が20年も前で、その当時の病院にはカルテが残っていませんでした。初診日を確定できる資料が必要だと思いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ約150万円受給することができました。初診証明が取れな、他の医療機関での証明書や初診日が推定できる根拠資料を合わせ、初診日を証明することができました。相談して本当に良かったと喜んでくださいました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付