障害者特例が認められたケース

相談時の状況(40代・女性)

直腸がん、肝転移、肺転移などがあり倦怠感がひどく仕事ができていませんでした。障害年金請求を請求したいということでしたが、初診日以前の国民年金の納付が足りないため障害年金の申請はできないようでした。

社労士による見解

相談時点では退職しており特別支給の老齢年金を受給しているということでした。人工肛門を入れてから6ヵ月以上経過しているということだったので、老齢年金の障害者特例で申請を行うことにしました。障害者特例は申請した月の翌月分から適用になるため、早急に書類を整え申請しました。

結果

障害者特例が認められ老齢年金が年額約63万円になりました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付