うつ病で障害厚生年金 2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

夜間の勤務が多い職場で働いていたところ、ストレスから動悸や息切れ、倦怠感などうつ病の症状が出るようになりました。退職して精神科へ通院していましたが、症状は改善せず、仕事に就くことができない状況が続いていました。日常生活にも支障が出ており、家事や身の回りのことも一人でするのは難しくなっていました。障害年金の受給を検討され、当事務所にご相談にみえました。

社労士による見解

ご本人からの聞き取りで、初めて病院を受診したときに厚生年金に加入していたこと、うつ病の症状が重く、仕事や日常生活に大きな支障が出ていることなどから、障害厚生年金を受給できる可能性があると判断し、申請のサポートをさせていただきました。

結果

障害厚生年金2級に認められ、年額約 128万円受給することができました。

うつ病の最新受給事例

精神障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付