うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

教員をしていた時、長時間勤務が続き、仕事上のストレスや人間関係の悪化からうつ状態になりました。パソコンを打つことができなくなり、仕事も手につかなくなりました。その後出勤ができなくなったので、3か月の予定で病気休暇を取りましたが、症状が改善しないため入院することになり、そのまま休職が続きました。相談にいらっしゃった時には2か月後に退職する予定ということでした。

 

社労士による見解

日常生活は奥様の援助が必要で気力がない状態が続いていました。主治医からも就労は難しいと言われているということで、障害年金の認定基準による労働に支障がある状態と判断し、事後重症での請求でサポートを行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ 年額 約94万円受給することが出来ました。

うつ病の最新受給事例

精神障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付