双極性障害

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 気分が上がり、なんでも頑張れる時と、気分の落ち込みがひどくなる時がありました。病院を受診すると双極性障害と診断されました。仕事にも支障が出始めたため退職して療養していましたが、体調はあまり改善しませんでした。環境を変えようと新しい仕事を始めましたが、直ぐにうつ状態になり仕事にいけなくなりました。そう状態とうつ状態が繰り返し現れコントロールができないことに苦しんでいま
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 以前から気分の抑揚があり、対人関係をうまく築くことが出来ませんでした。購買意欲が強く衝動買いをして借金が増え続け、自己破産をして生活保護を受けました。気分が落ち込むと些細なことでも死んでしまいたいと思い、自宅に引きこもることもあり、おかしいと感じて精神科を受診したところ双極性障害と診断されました。ご主人が障害年金のことを知り、請求を考えて相談にみえました。 社労士
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 高校3年生の時に進路について悩み、気分が落ち込むようになりました。不眠が続き朝起きられなくなり、学校も休むようになりました。心配した母様が病院に連れていき、精神科に通院するようになりました。推薦入学で入った大学は1週間で通えなくなり、その後は自宅に引きこもるようになってしまいました。希死念慮が強く、リストカットやオーバードーズを繰り返し、時には入院することもありまし
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況(40代・男性) 20年ほど前、仕事のストレスから不眠、食欲不振、腹部の不快感があり内科を受診しましたが、内視鏡検査を受けても何も異常がありませんでした。精神的なことが原因ではないかと言われ精神科を受診するようになりました。休職と復職を繰り返し、何とか仕事を続けましたが、とうとう2年間の休職期間が終わっても復帰できず退職となりました。福祉施設に通い就職に向けて訓練を受けていましたが、
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 若い頃から気分の抑揚があったりました。30代頃から気分の落ち込みがひどくなり仕事に支障をきたすようになりました。気分が下がると意欲が低下して何もできなくなりました。病院に通院しても症状が改善しないため、仕事を続けることができなくなり、収入が途絶えてしまったことから、将来を考える心配になり相談にみえました。 社労士による見解 相談時はうつ状態が長く、朝起きられず布
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 学生の時から対人関係が苦手で孤立してしまうため、友達と良い関係性が持てませんでした。小学校や中学では不登校になることもありました。成績は良かったので、高校は進学校に進学しましたが、高校生になっても友達関係が築くことができず、想定外のことが起きるとパニックを起こすこともありあました。大学に進学しても状況は変わらず、病院を受診し双極性障害と診断されました。その後は通院し
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況(50代・男性) 20年近く前から躁うつ病の症状があり精神科に通院していました。症状を抱えつつも、通院服薬を続けながら何とか会社を経営してきました。そう状態では借金をしてまでも高価な買い物をして、徹夜で仕事をすることがありました。うつ状態になると、気力がなくなり何もできなくなりました。2年程前からうつ状態がひどくなり会社の経営にも影響が出ていました。相談にみえた時には、休職中で、会社
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 十数年前から幻聴に悩まされ身の回りのこともできず入院治療を受けたことがありました。症状が悪いときに障害年金の制度を知らず請求していませんでした。継続して働くことができず、幻聴に悩まされることが続いていました。同居している母親が障害年金のことを調べ一緒にご相談にみえました。 社労士による見解 相談時には元気そうな雰囲気がありましたが、幻聴により長い間、継続して仕事
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 数年前に仕事のストレスから双極性障害を発症しました。会社に行けなくなり傷病手当金をもらっていましたが、復職ができませんでした。その後は、働くこともできず預貯金を切り崩して生活していました。気分の落ち込みがひどくなると希死念慮が強くなり、入院治療も受けていました。 社労士による見解 障害年金の制度を知らなかったため請求をしていませんでした。5年ほど前に初診日があり
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 自営業の仕事がうまくいかなくなったことがきっかけで動悸、過呼吸を起こすようになりました。気分の浮き沈みがあり自分ではコントロールできませんでした。ご自身で障害年金の請求準備を進めていていましたが、病歴就労状況等申立書の作成が難しく、準備が止まってしまいました。この先どうやって準備を進めていったらよいかわからなくなり相談にみえました。 社労士による見解 気分の抑揚
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付