双極性障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 夫と離婚後、ストレスから体調が悪くなり、いくつか病院を受診しましたが不眠や倦怠感が続いていました。職場でもミスが多く同僚や上司との関係もうまく気づけず、どこの職場でも長く働くことができませんでした。 自宅に引きこもり家族に助けてもらって生活していましたが、家族にも負担を軽減させるために障害年金を受給したいと相談にみえました。 社労士による見解 気分の落ち込みが
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 小さい頃から厳格な父親に育てられ、テストの点が下がっただけでバットの上に座らされ叩かれるなどDVを受け続けていました。小学校5年生からリストカットを始め、高校生の時には自殺願望が強くなり精神科を受診していました。社会人になり結婚をして精神的に安定していた時期もありましたが、夫からのDVをきっかけに病気が再発してしまいました。数年後には優しい夫と出会い再婚もしましたが
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 気分が不安定になることが増え、始めは更年期の症状だと思っていました。物忘れがひどく、誰も自分を理解してくれないと感じ、孤独感が強く希死念慮もおこりました。症状をネットで調べるとうつ病なのではないかと、思うようになり病院を受診すると、双極性障害と診断され入院を勧められるほどの状態でした。 社労士による見解 うつ状態だと家事や身の回りの事が全くできなくなり希死念慮が
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 20年くらい前から体調が悪くなることがあり、仕事に負担を感じていました。頑張っても上司からの評価も低く、努力も認められないことから気持ちが落ち込むようになり、精神科を受診しました。医師からは療養を勧められ、傷病手当金を受給しながら休職と復職を繰り返していました。そう状態では過活動になり、衝動買いが増え復職もできるのですが、うつ状態になると希死念慮が強くなり家から出ら
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 人に合わせることが苦手で、友達とうまく付き合うことができず、学校で孤立していました。中学の頃から不登校になり、自宅で勉強をして大学まで進学しましたが、大学でも友達ができませんでした。就労しても、指示が理解できずミスや間違いが多く、周りに合わせることができませんでした。想定外のことにパニックになり、些細なことでイライラするなど感情のコントロールもできませんでした。障害
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 気分が上がり、なんでも頑張れる時と、気分の落ち込みがひどくなる時がありました。病院を受診すると双極性障害と診断されました。仕事にも支障が出始めたため退職して療養していましたが、体調はあまり改善しませんでした。環境を変えようと新しい仕事を始めましたが、直ぐにうつ状態になり仕事にいけなくなりました。そう状態とうつ状態が繰り返し現れコントロールができないことに苦しんでいま
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 以前から気分の抑揚があり、対人関係をうまく築くことが出来ませんでした。購買意欲が強く衝動買いをして借金が増え続け、自己破産をして生活保護を受けました。気分が落ち込むと些細なことでも死んでしまいたいと思い、自宅に引きこもることもあり、おかしいと感じて精神科を受診したところ双極性障害と診断されました。ご主人が障害年金のことを知り、請求を考えて相談にみえました。 社労士
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 高校3年生の時に進路について悩み、気分が落ち込むようになりました。不眠が続き朝起きられなくなり、学校も休むようになりました。心配した母様が病院に連れていき、精神科に通院するようになりました。推薦入学で入った大学は1週間で通えなくなり、その後は自宅に引きこもるようになってしまいました。希死念慮が強く、リストカットやオーバードーズを繰り返し、時には入院することもありまし
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況(40代・男性) 20年ほど前、仕事のストレスから不眠、食欲不振、腹部の不快感があり内科を受診しましたが、内視鏡検査を受けても何も異常がありませんでした。精神的なことが原因ではないかと言われ精神科を受診するようになりました。休職と復職を繰り返し、何とか仕事を続けましたが、とうとう2年間の休職期間が終わっても復帰できず退職となりました。福祉施設に通い就職に向けて訓練を受けていましたが、
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 若い頃から気分の抑揚があったりました。30代頃から気分の落ち込みがひどくなり仕事に支障をきたすようになりました。気分が下がると意欲が低下して何もできなくなりました。病院に通院しても症状が改善しないため、仕事を続けることができなくなり、収入が途絶えてしまったことから、将来を考える心配になり相談にみえました。 社労士による見解 相談時はうつ状態が長く、朝起きられず布
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付