双極性障害

双極性感情障害で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況(50代・男性) 20年近く前から躁うつ病の症状があり精神科に通院していました。症状を抱えつつも、通院服薬を続けながら何とか会社を経営してきました。そう状態では借金をしてまでも高価な買い物をして、徹夜で仕事をすることがありました。うつ状態になると、気力がなくなり何もできなくなりました。2年程前からうつ状態がひどくなり会社の経営にも影響が出ていました。相談にみえた時には、休職中で、会社
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 十数年前から幻聴に悩まされ身の回りのこともできず入院治療を受けたことがありました。症状が悪いときに障害年金の制度を知らず請求していませんでした。継続して働くことができず、幻聴に悩まされることが続いていました。同居している母親が障害年金のことを調べ一緒にご相談にみえました。 社労士による見解 相談時には元気そうな雰囲気がありましたが、幻聴により長い間、継続して仕事
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 数年前に仕事のストレスから双極性障害を発症しました。会社に行けなくなり傷病手当金をもらっていましたが、復職ができませんでした。その後は、働くこともできず預貯金を切り崩して生活していました。気分の落ち込みがひどくなると希死念慮が強くなり、入院治療も受けていました。 社労士による見解 障害年金の制度を知らなかったため請求をしていませんでした。5年ほど前に初診日があり
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 自営業の仕事がうまくいかなくなったことがきっかけで動悸、過呼吸を起こすようになりました。気分の浮き沈みがあり自分ではコントロールできませんでした。ご自身で障害年金の請求準備を進めていていましたが、病歴就労状況等申立書の作成が難しく、準備が止まってしまいました。この先どうやって準備を進めていったらよいかわからなくなり相談にみえました。 社労士による見解 気分の抑揚
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 東京の大学に在学中、電車で起きた事件がトラウマになって東京に住むことが怖くなってしまいました。他県の大学に編入した後もその事件のことを思い出すと嫌な気分になりました。音に敏感になり、アパートの隣人の声が気になるようになり、トラブルになることもありました。仕事をしても人間関係が上手く築けず、職を転々として定職に就くことができませんでした。些細なことでイライラして暴れた
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 就活中、圧迫面接を受け続け、就労できなかったことで気分が落ち込み引きこもりになりました。3年ほど引きこもっていましたが、憂うつ気分が続き、身体が動かなくなり病院を受診しました。医師と合わないことが多く、転院や主治医変更を繰り返し、やっと優しい医師に出会え、症状が改善していきました。しかし、アルバイトを開始すると職場の上司からパワハラを受けたことで再発し再び引きこもる
続きを読む >>

そううつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 子育てをしている時、敷地内に住んでいた義理の両親からの過干渉ひどく、強いストレスを感じていました。めまいや頭痛、不眠が続き1日ほとんど横になっているような状態にまでなってしまいました。夫婦関係も悪化してしまい実家に戻り、両親に子育てと身の回りの援助を受けていました。少しずつ症状が改善し、一時的には働くことができましたが、母親の他界をきっかけに再びうつ状態が悪化してし
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 子供の頃から優等生で成績は1番でした。1番を取っても100点を取れないと親に怒られるような家庭でした。家庭内は喧嘩が絶えず、しつけとして父親から暴力を受けることもありました。人間関係が上手く築けず、嫌いな担任だと体調が崩れてしまうこともありました。一流大学に進学し一流企業に就職しましたが、仕事を始めると、こだわりの強さから指示されても自分が納得しないと仕事が進まず、
続きを読む >>

躁うつ病により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 昭和61年前に初診がありました。そう状態とうつ状態を繰り返し、長い間双極性障害を患っていました。うつ状態がひどい時には、リストカットやオーバードーズなどの自傷行為を繰り返してしまうため目が離せなくなり、入院して治療を受けることもありました。家事がほとんどできず、働くこともできないため、障害年金の相談にみえました。 社労士による見解 うつ状態では、意欲がなくなり、
続きを読む >>

躁うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 長年、病気の家族を支えきたことが、かなりのストレスになっているようでした。気分の落ち込みや不眠が続き病院を受診するとうつ病と診断されました。20年以上も症状が続いていましたが、さらにひどくなっているようでした。働くことも医師から止められ収入が無いため障害年金を受給できないかと相談されました。 社労士による見解 外出がほとんどできず、人との付き合いもないようでした
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付