双極性障害

躁うつ病により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 昭和61年前に初診がありました。そう状態とうつ状態を繰り返し、長い間双極性障害を患っていました。うつ状態がひどい時には、リストカットやオーバードーズなどの自傷行為を繰り返してしまうため目が離せなくなり、入院して治療を受けることもありました。家事がほとんどできず、働くこともできないため、障害年金の相談にみえました。 社労士による見解 うつ状態では、意欲がなくなり、
続きを読む >>

躁うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 長年、病気の家族を支えきたことが、かなりのストレスになっているようでした。気分の落ち込みや不眠が続き病院を受診するとうつ病と診断されました。20年以上も症状が続いていましたが、さらにひどくなっているようでした。働くことも医師から止められ収入が無いため障害年金を受給できないかと相談されました。 社労士による見解 外出がほとんどできず、人との付き合いもないようでした
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級に認められ障害者特例を選択したケース

相談時の状況(60代・女性) 躁うつ病と診断されて20年以上前から入退院を繰り返していました。そう状態になると気分が高揚して多弁になり何でもできるような気がしました。逆にうつ状態になると食欲がなくなり家に引きこもり、家事が一切できませんでした。働くことができない状態で相談にみえました。 社労士による見解 躁とうつの状態が繰り返し起きるため定職につけていないようでした。うつ状態になると片付けや
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 上司から暴力的なパワハラを受けたことで気分が落ち込み仕事に集中できず休職することになりました。復職したとき会社の配慮で、簡単な作業をする部署に配置換えしてもらいました。しかし自分に対する評価が低くなったと感じ、やる気を失くしてしまいました。倦怠感や不眠で欠勤が多くなり再び休職するようになりました。気分の抑揚が激しく、そう状態になると人と喧嘩をして警察沙汰になることも
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) Sさんは20年ほど前から、気持ちがひどく落ち込んだり、家族を強い言葉で責めてしまうことがありました。反対に気分のいいときは、カードで衝動買いをしてしまう、眠らなくても疲れを感じないなどの症状がありました。病院を受診すると、双極性障害と診断されました。通院して治療を受けましたが、症状は改善せず、家事や身の回りのこともできないほど症状が悪化してしまいました。障害年金を受
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 会社の部署異動で精神的なストレスを感じるようになりました。倦怠感が強くなり食欲が無くなりました。感情の起伏が無くなり笑わなくなってしまったので、心配したお母さまが病院に連れて行かれ、双極性感情障害と診断されました。復職プログラムにも参加を試みましたが、15年勤務した会社を退職することになってしまいました。 社労士による見解 発病の頃から双極性障害の症状により気分
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 幼少時に親からの虐待を受けた時期もあり、10代のころから摂食障害などでも苦しんでいました。  うつの症状と躁の症状が短期間に繰り返される双極性障害の症状が重くなり、パートナーの方が当事務所に相談にいらっしゃいました。   社労士による見解 面談時の聞き取りから、20歳前に初診日がある、双極性障害の程度が重く日常生活に大きな支障が出ていることが分かりま
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 昔から体調に波がありました。調子が悪い日は吐き気がひどくて家事も育児も何も出来ないという状態でした。うつ病かもしれないと思い、家の近くの心療内科を受診すると、うつ病ではなく双極性障害と診断されました。気分に抑揚があり家事や育児ができないことを悩み相談にみえました。 社労士による見解 Iさんは①うつ状態になると何も出来ず、そう状態になると高級車やブランドバッグをい
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 調子がいいときは仕事が楽しく、アクティブに取り組めるのですが、気分が落ち込むと周りに迷惑をかけているような気がして辛くなるなど気分にムラがありました。気分の落差は日に日に激しくなり、気分の落ち込みがひどく自殺未遂を起こしたこともありました。休職後に復職することができず、今後の生活に不安を感じ障害年金の申請を考えましたが、自分にはできないと思い、当センターに相談にみえ
続きを読む >>

そううつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 転勤をきっかけに過重労働が続き、休みも1ヶ月に1~2日しか取れなくなりました。責任を持たされて過酷な労働をさせられていると頭痛や吐き気がなどの症状が出始め会社へ行くことができなくなってしまいました。病院を受診すると医師から「そううつ病」と診断されました。会を休職して通院続けていました症状が改善することがなくとうとう会社を退職してしまいました。退職後も、仕事ができず、
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付