人工透析で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性)

会社の健康診断で血糖値が高いことは指摘されていたが、特に受診をしていませんでした。自覚症状も全くありませんでした。数年後の健康診断で、要検査になり、受診すると糖尿病と診断されました。すぐにインスリンと服薬治療をしまいしたが、徐々に倦怠感やむくみ、喉の渇きなどの症状が出始め、人工透析を開始しました。障害年金が請求できると知らず、2年ほど経って相談にみえました。

社労士による見解

事後重症請求となるため早急な対応が必要でした。月末のご相談でしたので、翌月中には書類を整備し申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ145万円(年額)受給することができました。自分では申請できなかったので依頼して良かったと喜んでくださいました。

受給事例の最新記事

慢性腎不全(人工透析)の最新記事

腎・肝疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付