多発性硬化症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

勤務中に突然激しいめまいの症状が現れ、幾つかの病院を受診したところ多発性硬化症との診断を受けました。体のふらつきなどの症状に加え、薬の副作用から視野欠損や視力低下、聴力低下などがあり、日常生活を送ることができないという状況でした。病状が次第に悪くなってきたため、障害年金の受給を検討されて当事務所に来られました。

社労士による見解

初診日に厚生年金に加入していて納付要件を満たしていました。ふらつきがひどく自力での歩行が難しく、日常生活にも大きな支障が出ていることから障害年金を受給ができる可能性が高いと判断し申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約140万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付