双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

Sさんは20年ほど前から、気持ちがひどく落ち込んだり、家族を強い言葉で責めてしまうことがありました。反対に気分のいいときは、カードで衝動買いをしてしまう、眠らなくても疲れを感じないなどの症状がありました。病院を受診すると、双極性障害と診断されました。通院して治療を受けましたが、症状は改善せず、家事や身の回りのこともできないほど症状が悪化してしまいました。障害年金を受給できるかどうか知りたいとのことで相談にみえました。

社労士による見解

Sさんは双極性障害の症状が重く、家事が全くできなくなり、着替えなど身の回りのこともできない状況で日常生活に大きな支障が出ていることから障害年金の受給ができる可能性が高いと判断し、申請をいたしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円受給することができました。   

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付