軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

小学校は普通学級で学んでいましたが、計算が苦手で勉強についていけませんでした。教師から学習の遅れを指摘され、中学から支援学級に通うようになりました。病院でも軽度知的障害と診断され、療育手帳も取得しました。高校は特別支援学校に進学し2年間の職場実習で研修を受け、学校の紹介で介護施設に就職できました。障害者雇用で働いていましたが、昇給や退職金がないため、将来的に自立した生活ができるか心配されて相談にみえました。

社労士による見解

介護施設では十分な配慮を受ながら、単純で簡単な作業を繰り返していましたが、仕事中にパニックになって何もできなくなり、施設を走り回ってしまうなど不適切な行動もありました。障害者雇用のため収入も低く、将来、自立していくためには障害年金の受給が必要だと思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ780100円受給することができました。障害年金を受給しつつ仕事が長く続けられることを願っています。ご両親もとても安心されていました。

発達障害・知的障害の最新受給事例

精神障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付