統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

新卒で入った会社で重圧のかかるポジションに就かされたことから、被害妄想が強くなりました。自分だけ損な役割を与えられている。他人が自分の悪口を言いふらしているなどの思い込みが強く、人間関係でトラブルを何度も起こしました。心配した家族に病院に行くように言われ、精神科では統合失調症と診断されましたが、自分では病気だとは全く思っておらず、症状も改善しないまま年月が過ぎました。仕事も退職し、収入もない状態で、家族ともトラブルが絶えませんでした。生活に困窮したことをきっかけに相談にみえました。

社労士による見解

初めて病院に行ったときは会社員でした。長い間、仕事もできず、家族にも肩身の狭い思いをしているようでした。病識がなく継続して通院や治療を受けていなかったため、事後重症請求で請求をしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約123万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-528-7556
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!053-528-7556
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付